出会いアプリ

最近の私は刺激のない生活を送っています。彼氏もいるし、仕事も順調だし、お金もそこそこあるし、生活に不満はないけど刺激がないことに不満を感じてます。それで、彼氏はいるけど昔からやってみたかった出会いアプリに興味がありやってみることにしました。もちろん、彼氏には内緒です。彼氏は不満ないけど、マンネリしすぎているからこれを機にマンネリ解消、もしくは違う人にうつると、考えてしまう私。そして、早速出会いアプリを始めました。男でもサクラがいるのかと思ってしまうくらいカッコいい人がいました。もちろん、気になった人には返信。いろんな人とメールをしてついに1人の男性と会うことになりました。
セフレ 募集
その男性は見た目がタイプだけで選びましたが、会ってすぐに、ホテル行くと誘われて、私の気持ちは一気に冷めてしまいました。私がホテルを断れと彼は食事をご馳走すると言われたので、ご馳走ならいいかと思い食事へ行きました。話を聞くと、彼は出会いアプリを利用するのは初めてと言っていましたが絶対嘘だと思いました。そして、食事が済み帰ろうとすると再びホテルへ誘ってきました。あまりにもしつこさに恐怖を感じました。しかし、偶然に彼氏から連絡が入り、私はまだ店の中ということもあって電話をしながら外へ逃げ出しました。そして、そのまま彼氏と合流しました。私は彼氏の顔を見て安堵感き感じ泣いてしまいました。突然泣いた私に驚く彼。やはり、彼氏が1番と改めて感じ出会いアプリ、ある意味やってよかったと思いました。
素人動画
素人動画

愛人募集

一度目の結婚が散々で、いまだに結婚に対して臆病になってるんだ。
まだ30そこそこだから再婚したらって周りの人も言ってくれて、紹介しようとしてくれてるんだけど、まだトラウマが・・・克服できてない。
若すぎたんだよね。それで相手に頼り切ってたところがあって。自分の判断力がなくなっていたの。
元旦那が失業するまでは普通の若夫婦だったんだけど・・・
彼の仕事がダメになって、お金がなくなったあたりから暴力振るわれるようになって、だんだんと判断力とか自意識とかプライドとか根こそぎ破壊されちゃった。
最終的には、愛人募集させられてたからね。複数の人と愛人関係になって、私がお金を稼いで、それで彼を養うみたいな感じになってしまってた。
愛人契約
オカシイなって思わなかった。お金がもらえて、元旦那が喜んでくれるなら、それでいいんだと思いこんでた。
愛人募集を始めたら、彼、私に対する暴力を止めてくれたの。
そりゃ、今考えたら、私は愛人募集してお金を稼ぐための道具だから、傷つけられないよね。
それを私、大事にしてもらってるなんて勘違いしちゃってて。
愛人募集も、私が相手の人に余計なことを言わないように、詮索されないように、短期間のお付き合いしかさせられなくて。。。
あの時期、一体何人の男に抱かれただろう。
そういうこと、時々フラッシュバックするんだよね。
根本的に男を信じられなくなってる。周りは「再婚したら?」なんて言うけど、あんな生活に戻るくらいなら、一人でいた方がずっと幸せだと思うよ。
わりきり
出会い系の割り切り

わりきりの相場

わりきりの相場は、ホテル代とか経費別で2くらいだねえ。だいたいそれで話はつくよ。会う場所によっては、交通費を少し負担してほしいみたいなときもあるかな。最初から1.5程度で交渉すると、結局貧乏人って思わてだめになることが多いね。大きいんだよ、その0.5が(笑)。
1.5は、連絡先交換しあって、それなりに仲良くなってからかな。女の方も、そう何人も安心してわりきりで稼ぐこともできないんだから、オッケーしてくれることも多いよ。まあ、あんまりせこいこと言ってるとほかの相手探されちゃうから、要注意だけどね(笑)。
20代前半とかだったら、3で約束しておいて、会ってからブスだったら2.5にしちゃうかな。そこでごねたりされたら、なんにもしないでバイバイ。タクシー代だって、0.5くらい渡してね。
JKに限りなく近い高校卒業したてとの援助交際
交渉は強気でいった方がいいんだ。「お前金ほしくないのか?」って口ではいわないけど、そんな感じの態度でね。
だいたい、俺はわりきりの相場通りに払ってると思うけどね。あんまり交渉でもめたことはないし。狙うのは、リピート何回かして4、5回目のだいぶ慣れてきたころのセックスだからね。だから、それまではあんまり値切らないよ。余分な金も使わないけどね。
身元はサラリーマンとかは絶対言っちゃだめだよ。会社経営っていう(笑)。仕事内容はまあ建設関係とか、コンピュータとかいっておいて。サラリーマンだとなめられるからね。金は持ってそうだけど、ちょっと得体のしれないとこがあるほうが、いいんだよ。
何回かリピートして、ちょっと飽きがきたら、1.5に値切る。それだったら会ってもいいよってね。相手の女の素性とかもそんなに聞かない。自分からペラペラ話すのも結構いるけど、ほとんど聞いてないよ(笑)。つまんないからね、金もらって足広げる女の身の上話なんか(笑)。

ツイッターの裏垢
援垢

27歳独身男性IT関係会社員の熟女との出会い日記

インターネットでの出会いに関して無頓着だった僕は、友人が本当に彼女をインターネットの出会い系サイトでゲットするまで、興味も関心もありませんでした。
友人の利用していた出会い系サイトハッピーメールを早速教えてもらって、僕自身も出会い系サイトに参戦してみました。
友人曰く、「まずはハウツーサイトでどんな風に出会いが展開されるのかを把握しておく」とのこと。
沢山のサイトが見つかったので、様々なサイトを実際に参考にするために読みました。
でも基本的には同じことを言っているようで、「プロフィールを手の込んだものにすること」と、「メールは自分本位にならずに、相手話を聞いてあげるスタンスでいること」などが書かれていました。

出会い系サイトハッピーメールに登録をしてみてから、プロフィールも一生懸命案出して、いよいよ気になる相手にアプローチをしてみることにしました。
始めて相手に送信するメールをファーストメールというらしいのですが、個々が運命の分かれ道ということだったので気合を入れました。
何人かアプローチをしてみて、実際に返事が返ってきたのは、既に10人を超えたあたりでした。相手の女性は自分より年上の32歳の女性で、32歳の人妻熟女でした。
少しおっとりした様子がメールから伝わってきました。
僕はIT関係の仕事をしているのですが、兼業主婦でウェブデザインをしているということもあって、話は専門的な業界だから解るあるあるネタと、日常で起こったことの愚痴がほとんどでした。
結婚したことを後悔しているなんてことも、時には熟女の口からこぼれることもあって、ドキドキしながら楽しんでいました。

相手の熟女は、すでに結婚をしているし、あまり友人が多いわけじゃないので愚痴を聞いてくれる人が出来てうれしいといっていました。
出会いなんだから、愚痴ばっかり聞いててもしょうがないよな・・・と脳裏を過りましたが、愚痴を聞いてくれる僕に信頼を寄せてくれているようで、「今度一緒にお食事でもしませんか?」と誘ってくれたのは熟女の方からでした。
何があるかわからないものだな、愚痴でも聞いておくもんだな、と嬉しくなりました。
熟女との食事が久々だったので、緊張して指定された駅前で女性を待ちました。
すると、長身ですこしぽっちゃりした柔和な印象の女性が僕の方に手を振っていました。
おっとりしているのが、外見からも伝わってくる印象です。
僕たちは女性が好きで通っているというイタリア料理を食べました。

イタリア料理があまりにおいしかったのと、僕自身もいいところを見せないといけないと思ったのとで、その駅の近くにたまたま良くいく雰囲気のいい居酒屋へ、次の日が日曜ということもあって思い切って誘ってみました。
女性は快く応じてくれて、会った初日から結構深い話をすることができました。
それから僕たちが恋人になったのは、関係を持った三回目のデートからでした。
三回目のデートの時、僕もせっかくハッピーメールに登録をしたんだから、エッチしたいと思ったんです。
今度はラブホテルが近くにあるバーを僕がチョイスして、誘いました。
傍に合ったラブホテルにも、緊張気味でしたが付いてきてくれました。
甘いひと時を過ごした後、熟女が「単身赴任で夫は家に居ないってこういうときにイイね」と言ってきたので、夜はもう一度盛り上がりを見せました。
それから半年ほど、あってエッチする関係が続いています。

30歳独身OLのワクワクメール日記

私には2年間彼氏がいません。
飲み会なども友達がセッティングしてくれたりもしたけれど私の思ったような人からは声がかからずでした。
声をかけられなかったわけでもないのだけれども誰もピンと来ないというのが正直な所かな。
今年で30歳になってしまって、アラサーまっただ中です。
周りでは、。結婚している人もチラホラ出てきて、クリスマスの近くなってちょっと寂しさ倍増しちゃってます。
そんな時に、出会い系サイトに登録してみました。
普段の私なら考えられない行動です。
今、思ってもよく思い切って行動しちゃったなぁ何て思うのです。
出会い系サイトって、はっきり言ってH目的が主なのかなっていうのが最初の感想でした。
危険な香りも、年末やクリスマス前にしてみるのもひとつの経験かな?なんてね。
そんな軽い気持ちで出会い系サイトに登録したんです。
まぁ、変な人にもし誘われたら断ればいいしね。
そんな風に思っていました。
でも、その軽い気持ちがよかったのかも知れません。
登録したのはワクワクメールです。
メールが来るまではワクワクもしたけれど、ドキドキでしたね。
なんと、その中の一人の人と今は付き合ってます。
出会いをくれたワクワクメールに感謝です。